主人の退職に伴って囲碁をはじめました、

ファーストクラッシュ 口コミ

先ず、囲碁や将棋というのはプロの方も大勢いらっしゃるようで、テレビなどでもおなじみですが、私達のような素人には趣味の範疇と言ってもいいでしょう。 元より、主人が囲碁好きで会社の仲間を家へ呼んではよく囲碁を打っていました。 私は其のためにお茶を出したり、たまにはお酒をごちそうしたりしてもてなしていましたが、其の都度横にいて二人の囲碁のうつ様子を観たりはしていました。 其の内、「囲碁って、そんなに面白いの、できたら私にも教えて」ということになり、囲碁の基本的なルールや打ち方を次第に覚えていったのです。 その後、主人が65歳の定年を迎えた頃には私も一人前に囲碁を打てるようになり、主人の暇のお相手をしたりして楽しむようになったのです。 更には、ご近所の自治会の囲碁同好会にも加入して、主人とともに囲碁仲間の皆さんとともに大いに励んでいるところです。 囲碁の基本は「陣取りゲーム」のようなもので、最終的には陣地の多いほうが勝ちになります。 そして面白いのは其の勝敗を決するまでの過程が非常に面白く、ハラハラ、ドキドキしながら打っていて、そして勝った時の喜びというのは嬉しいものです。 そして、囲碁も将棋もそうでしょうが、数をこなせばこなすほど上達するのが判るのです。 何より、囲碁の最大の利点は考えながら打つということで、「ボケ防止」には最適ということです。 ところで、最近は囲碁将棋が人気で、特に将棋は藤井聡太君が異常な人気であり、又、囲碁界では若手の柴野虎丸君(私の好きな棋士です)などが大いに活躍して大人気となっています。 そういう筆者は囲碁は熟年シニアになった今日ようやく楽しんでおりますが。  囲碁は特に年寄りには向いているようで、頭の回転を良くし認知症予防などにも最適友言われているようです。 そういえば、自身は其の年をとっくの昔に過ぎ去りましたが、囲碁や将棋というものは夢中になって「親の死に目に会えない」とも言われているようですが、確かに囲碁というものは夢中になって、時には我を忘れてしまうと言われるほどですね。 ご存知のように将棋というのは相手の王将を詰ませてしまえば勝ち、即ち、王様を動かなくさせてしまえば勝利です。 ところが囲碁の場合は「陣取りゲーム」と言われるように、黒と白とを順番に打ちながら、広い土地を確保したほうが勝ちになるのです。 つまり、覚えてしまえば単純なゲームですし、誰でも簡単に覚えられるものです。 そして、やればやるほど強く成れるのも将棋や囲碁の特徴でも有るのです。

軽いジョギングから遂にマラソン大会に参加、

★ 先ずは体を動かすことが好き、 20前後の頃までの学生の頃は体育会系でスポーツクラブに属していたかんけいもあって、体を動かすのが好きでした。その後、勤め人になってからはは余り積極的にはスポーツらしいのはやってこなかったのですが、平成のはじめの頃から、つまり40際前後になってきて登山や低山のトレッキングなどの野外系のスポーツを趣味にするようになったのです。 そのキッカケとしては会社の職場で東京の高尾山に行ったときのことでした。 その為もあって体力維持に、近くの川岸や裏山で体力維持のためにウォーキングやジョギング等で体力維持に努めているものです。 時間にすると平日は川端のウォーキングなどは、勤務先が市内(厚木市)で近いこともあって朝食の前に30から40分くらいを目標に行っていますが、そして、時には土曜や日曜などの休日には午前中頃に1時間から1時間半を目標に無理をしない程度でジョギングトレーニングに励んでおります。 そんなことで数年前に初めて、試しに地元の厚木市のマラソン大会(毎年10月下旬頃)に参加してみたのです。 此の時は5キロで参加したが途中で腹痛(急な激しい運動で横腹の痛み)を起こして、途中でリタイアーしてしまったのです。 そして、あの時の悔しさもあって更にトレーニングを積んで、一昨年隣村の清川村主催で行われた「清川村やまびこマラソン大会」に再び参加したのです。 ★ 遂に公式のマラソン大会に出場、 清川村と言えば神奈川県でも唯一の村で、直ぐ横には丹沢山地や大山が聳えていて、主に伊勢原市と厚木市に隣接しています。 其の清川村といえば昭和の頃までは奥山の地であったが、現在は宮ヶ瀬ダムの完成によって、県内は元より首都圏でも有数の観光地、行楽地になっています。 コースとしては、此の宮ヶ瀬を主に周遊するコースで、5km、3kmなどの三種のコースに分かれて、各コースについては男女別は有るが特に年齢の区別は無かったようです。 筆者の私は現在厚木市内に住んでいて参加当時は51歳の男性ですが、一昨年のマラソン大会に参加してみました。 そして、当然ながら5kmのコースを選択したのです。  実は、隣町に住んでいながら参加したのは今回が始めてでしたが、前述したように以前に地元の厚木市内の大会で参加はしていました、途中リタイヤーでした。 コースとしては県立公園にもなっている宮ケ瀬園地ですから緑が多く遊水地などもあって、周辺は平坦地が多く、山間地にしてはアップダウンの少ないコース設定だと思われます。 結果はともかくとして、自然の中で而も公式の大会で皆さんと一緒に走れたこと完走できたことに満足感を十分に味わうことができたのです。 これからも趣味として走ることを楽しみたいと思っているところです。

1年ぶりにゲームのフレンドとオフ会をした話

先日、去年DDONで知り合ったゲームのフレンドと約1年ぶりにオフ会をしてきました。 住んでいるところは2つ隣くらいの市でそう遠くないんですが、なかなか誘うキッカケがなくオフ会の間が空いてしまってました。 彼とは1年ほど前はDDONをガチでやっていたので頻繁に通話する機会があったんですけど、ここ半年以上そのネトゲをあまりやらなくなったこともありちょっと疎遠気味になっていました。 誘ってくれるのは毎回彼の方で、この時は気分転換に水族館に行かない? という感じで誘われました。 水族館は涼しいし夏のオフ会にはピッタリの場所ということで、ガッツリオシャレして行きました。 場所はサンシャインの水族館で、子供の頃や学生時代は年に何回か行っていたため親しみがあります。 それでもフレンドと行ったのは初めてでしたから、ちょっとドキドキしましたね。 色々魚を見て写真を取ったり軽く土産を買った後で、2人でオムライスを食べに行きました。 夏休みに入っているからか少し混んでいましたけど、料理は安定して美味しかったですし会話も弾みました。 やはり会話の主なテーマは今やっているゲームや昔やったネトゲの話が多かったです。 あと3回めのオフ会ということでだいぶ打ち解けてきて、お互いのプライベートの話もしました。 最近は通話もあまりできておらずチャットばかりでやり取りしていたので、彼の口からたくさん話してくれるのは楽しいし嬉しかったです。 1時間半ほどレストランで食事と話を楽しんだ後は、ついでに新しい映画も観に行きました。 私ひとりだと全く映画は観ないので、彼はいつも面白い映画に連れて行ってくれてありがたいです。 ある邦画を観たいと言われて内心好みじゃなかったら困るなあと思っていたのですが、これがまさかの大当たりでした。 漫画の原作つきのアクション映画だったんですが、シリアスな設定も私好みでしたしそれでいてギャグ要素なんかもあったり薄っすらではありますが恋愛要素的なものがあったりして楽しめましたね。 これならもう一度観に行こうかなとも思いましたし、帰ってから原作の漫画をスマホで読み始めました。 邦画は学芸会・コスプレと長年信じてやまない私でしたが、全てがそうではないことを思い知らされて新鮮な体験ができました。 映画を観た後は軽くサンシャインの中でアクセショップやバラエティショップなどを見て、電車で乗り換える時に解散になりました。 帰宅してからは2人で写真をシェアし合って、ちょっとリア充してるななんて思ったり。 彼以外の人ともこの頃は全然オフ会ができていなくて寂しいと思っていましたので、誘ってくれたのはとても嬉しかったですしいい思い出になって満足しています。

プレステVRを購入!

発売当初から気になってはいたものの、値段の高さから購入を見送っていた「プレステVR」。しかしついに今年2019年にアマゾンプライムセールで購入しました!さっそくプレイしてみましたが、想像以上に凄い!バーチャルリアリティー空間の中に入り込む感覚だという話は聞いていましたが、まさにその通りでした!360度に広がるその世界に自分が立っているとしか思えない感動がありました! ちなみにプレステVRと同時に購入したソフトは「VR WORLDS」「みんなのGOLF VR」の2本。簡単にレビューしていきますが、「VR WORLDS」はシューティングやアクションやダイビングシュミレーションなど5つのコンテンツが1つになったソフトで、VRで体験できる様々なジャンルを楽しめる入門編のようなソフトです。中でも個人的なおすすめはダイビングとデンジャーボール!ダイビングは10分程度の映像を見るだけで操作はありません。360度の美しい海中の映像を楽しんだあと、サメに襲われます(笑)VRだとわかっていてもビビりますよ(笑)デンジャーボールはテニスとか卓球のように相手とボールを打ち合い得点を奪い合うゲームです。操作はコントローラーではなく、VRヘッドを上下左右に動かして自分の的(ラケット?)を操作します。実際にやってみるととても簡単で自分がスポーツをしている感覚になり、これは私だけでなくゲームが苦手な家族も楽しんでいます! 「みんなのGOLF VR」はゴルフ場まで0ヤードというキャッチフレーズの通り、自宅がゴルフ場になります!モーションコントローラーを使用するとさらにリアリティが増し、スイングの練習にもなりそうです!ただ意外に難しい!過去のみんゴルって凄く簡単でバーディーを連発していましたが、モーションコントローラーだと実際にスイングするので慣れないと空振りばかりでとても恥ずかしい気持ちになります(笑)あと女性のキャディさんが近づいて来る時も恥ずかしいです(笑) ファミコンで育った私にとって、ゲームの進化とはスーパーファミコン→プレステ→プレステ2→3→4と「画面が綺麗になっていく」という認識でしたので、VRはまさに革命です!画面は綺麗だけどスーファミ時代のロマサガやFFなど過去のゲームのほうが好きな私ですが、今後はVRに期待したいです!! あとVRはゲームだけでなくライブやスポーツ中継なども今後楽しめるようになったらいいなと思います。どうしても現地に行けない時、自宅でVRで楽しめたら最高ですよね!!

これから始めたい中国語の勉強。

今日は、これから始めたい中国語の勉強について書きたいと思います。 毎日暑くて、何をするにも億劫ですが、家の中にいてもできる何かを始めたいなと思っています。勉強なら、あんまりお金もかからないし、自分のためになるのでいいと思います。 そもそもなぜ中国語を勉強したいのか、ということについてですが、理由はいくつかあります。一つ目は、中国人が世界中にいるから、ということです。言葉は通じなくても、海外へ旅行はできるのですが、言葉が出来たほうが、より楽しめます。最近いろいろな国に行ってみたのですが、どの国にいても中国人はいるものです。そして彼らはその国の言葉はもちろん、英語すらしゃべりません。どこにいても中国語をしゃべっています。そして彼らは常に中国人です。どういうことかというと、その国の文化に染まることなく、むしろその国が中国になってしまうのではないか、というくらい強い態度でいます。どんな美しい景色を見ても、彼らがいることでそこは中国に変わってしまうわけですね。本当に悲しいことです。そんな時、中国語で話せたら、彼らに注意することもできていいと思います。「ちょっと静かにしてもらえませんか。」とか「順番を守ってもらえませんか」とか、ちょっとした会話が雰囲気を変えると思います。 二つ目は、中国国内で役に立つからです。当たり前ですが、中国では中国語しか通じません。以前出張で中国に行く機会があったのですが、言葉が通じなくて本当に苦労しました。空港の人でさえもあまり英語でコミュニケーションできなくて、漢字で筆談したことを覚えています。二つ目の理由はすべての人に当てはまらないかもしれませんが、勉強することの個人的な理由として挙げるのも悪くないかな、と思います。 中国語は、知る限りでは文法もあまり複雑ではありません。漢字も日本語と共通しているものが多くありますので、勉強しやすいかと思います。なのでまず読み書きからできるようになれればいいな、と思います。発音は日本語にない複雑な音が多いように思いますので、話したり聞いたりするのは難しいかなと思っています。簡単に覚えられるものから順番に覚えていこうと思います。 中国の料理や芸術は結構好きなのですが、どうしても人が苦手でした。きっと言葉の壁が取り払えれば、少しは彼らを好きになるのではないかなと、淡い期待をしています。初めからがっつり勉強するとしんどいと思いますので、例えば一日10分とか決めて、少しずつ始めたいですね。次回中国人の方と出会う機会がある前に、準備を始めたいと思います。

ちっぽけな自分にドラゴンクエストが教えてくれた「人生」

私の人生は、ドラゴンクエストと共にあると強く主張させてください。 (ドラゴンクエスト(以下ドラクエ)を知っている方向けに記事を書かせていただきます。) 物心がついたころには、私はコントローラーを握っていました。 こうげき力やしゅび力を強める、そのためには武器を買う、そのためにはお金を貯める、そのためには敵を倒す、、、 目的のためにやるべきことを考える。その力は、ドラクエで養いました。 また、こんなときもありました。 ボスを目の前に、自分以外のパーティーは棺桶の中。MPもほとんど残っておらず、やくそうもまほうのせいすいも使い果たしてしまった。 それでも、あと1ターンや2ターンをこうげきしながら踏ん張れば、もしかしたら勝てるかもしれない。 可能性が残っているならあきらめない、その精神が身に付きました。 そして大人になった今、ドラクエ5を題材にした映CG画が公開されました。 周りの評価いわく、 「令和最低の血の気が引く映画」。 映画代もドブに捨てたも同然だとか。 まじかよ、ドブかよ、、と思いながら、大好きなドラクエですから一応見に行きました。 本当に「一応、、」というテンションで。 すると、どうでしょう。 見終わった後、心がときめくような、高鳴るような、そんなポジティブな感情がわいてきたのです。 そう、とても感動していました。 そして、自分が大衆とは180度違った感情を抱いていることに驚きも感じました。 もうごちゃごちゃですね。 ですが、ネガティブな気持ちには一切ならなかったのです。 この映画を「ひどい」と皆さんが叩いている部分は共通していますが、私はその部分になんら違和感を感じませんでした。 人によって、ものの見え方、感じ方、とらえ方は違うんだと身をもって体感できた、なんとも価値的な経験になりました。 そしてこの違いは、否定してはならない、受け止めていくべきものなんだなあとしみじみ。帰り道の夕焼けがなんだかロマンチックに見えました。 そしてやはり。帰宅後、私の手はドラクエ5の冒険の書をつくっていました。 名前は、50音表で縦に羅列されていてなんだか響きがかわいかった「ほもろん」。 わが子の誕生を待ちわびるパパスに、涙をぬぐいました。 子どものころも、大人になった今でも、ドラクエを通じて学ばされることはたくさんあります。 そして、数々の教訓をたばねると、あるひとつの回答にたどりつきました。 「私の人生の主人公は私」です。 努力も粘り強さも価値観の違いも、自分を際立たせてくれるのです。 今後も、私の人生の主人公として、地道に生きていきたいと思います。

猫や犬の動画で癒されている

私の最近のマイブームはYoutubeで犬や猫の動画を視聴するということです。 犬や猫の動画というのは、検索すると非常に多くの数があがっており、自身の犬や猫を飼い主が多くの人に見てもらいたいと思っているケースが多いのではないか?と思います。 実際、犬や猫というのは可愛いですから、見たくなってくるものなのです。 私は犬や猫に興味があるものの、飼うのはちょっと勇気がいると思っている人間と言えます。 お金の問題とか、きちんと世話ができるか?とか、そういった面で不安があるので、実際に飼うのはあまり考えていないですけど、犬や猫はかなり好きなので、他人の犬や猫の動画を見て癒されているという毎日なのです。 Youtubeで動画として見れば、他人事として見ていられる、気楽に見ていられるというのが良いです。 自分は何の責任も負わず、お金を負担することもなく、世話をすることもなく、可愛い犬や猫の姿を単に見ている傍観者なので、趣味としては非常にいいモノだなと自分でも思います。 動画を見れば投稿者の収入も増えるため、Win-Winだなと思いますし、自分で言うのなんですけど、非常に良いマイブームを見つけたなと思っているのです。 ただ、こういう動画を見続けると、自分の家にも犬や猫がいればなと思うことはちょっとはあるのです。 しかし、すでに話したように自分で実際に犬や猫を飼うということは、そう簡単には決められません。 お金の問題と世話の問題がありますし、さらにはペットとして生き物を買う以上は、いつかは死ぬという問題もあります。 私は子供の頃にハムスターとか、金魚を飼っていたことがあり、そのときも当然最終的には死んだのです。 その頃の記憶が蘇ってきて、最終的に悲しい気持ちになるという未来を考えると、もう1度そういう気持ちになるというのは耐えられないのではないか?と思えてくるのです。 そういった部分があって、私は犬や猫を飼いたいという気持ちが多少生まれても、最終的には飼うまでは至っていないという状況です。 お金の問題、世話の問題も大きいですけど、ペットを飼うというのは、ほぼ確実にいずれそのペットの死に直面するということであり、その想像をすると飼う勇気が持てないです。 したがって、他人の犬や猫を傍観しながら、可愛いなと思って動画を見ている状況というのが、1番気楽なんじゃないか?と思い、自分にも犬や猫が欲しいなと思う気持ちを抑えているという状況です。 できることなら飼いたいとは思いますけど、飼うことデメリットを考えると、今の状態が最も望ましいのではないか?と思うのです。

ゴルフの楽しみを覚えましたのでチョット、

渋野日向子選手がメジャー大会の全英オープンゴルフに初出場しで初優勝し、42年ぶりの快挙としてゴルフファンならずとも注目して喝采を浴びました。 勿論、ゴルフファンとしては嬉しい限りですが、此のようにゴルフという競技というかレッキとしたスポーツですよね。 筆者は最近になって其のゴルフの楽しさを覚え、いよいよ嵌りつつある人物なのです。 したがって、ゴルフに関してチョットしたウンチク(うんちく 蘊蓄)らしいのを述べたいと思います。 ■ ゴルフの面白いところは其々のレベルが点数制になっていること、 先ず、一般的なことになりますがゴルフも立派にアマチユアとプロがおります。 プロの場合は大きな競技会など新聞のスポーツ欄やテレビの放映なども行われていますが、アマチュアん場合は先ず其のようなことはありません。 此のようにゴルフの場合はプロとアマの区別というか境界線がハッキリしています。 ゴルフというのは自分の平均的な持ち点数というのがあって、概ねは其の点数によって自分の技量と言うか力量が分かります。 其の点数というのは決められたコースで、何回の打数で回ることが出来るかということで、勿論此れは点数、つまり打数の”少ない点数”のほうが上級というわけになります。 ■ シングルと片手シングル、 ゴルフの点数というのは基準打数というのがありますが、何故なら、ゴルフというのは1ラウンドの基準打数というのがありまして、其れはプレーヤーが穴(カップ)にボールが入るまでに必要とする打数のことになります。 これを合計すると1コース(1~18番まで)の平均が4点(コレをパーという)で大体が合計で72点(打数)となります。 しかし、此の72点というのがナカナカ大変なことで、此の数字より多くなるのが一般的で普通の人、或いはアマということになりい、此れ以下のアベレージになってくるとプロ級ということになるのです。 そういえば、グルフには「シングル」という大目標がありますが、これは基準の72に対してオーバーすることが10以下のことを言います。 因みに、5以下の場合は片手シングル(実際は1から5)ともいわれています。 ■ 先ず、初心者はアベレージゴルファーを目指す、 ゴルフにはアベレージゴルファーというのがございますが、因みに、先ずゴルフを始めた初心者が目指すのは「アベレージゴルファー」になることです。 つまり、世間並みのゴルファーをめざすころで、初めてゴルフ場に行ってホールに出た場合、まず140を切るくらいを最初の目標にすることですし、更には100前後の点数を目指すことがアマチュアーのゴルファーということになります。。 此のようにゴルフの面白いところは個人個人が一応は点数制や得点制になっているところでしょう。 尤も、得点と言っていいかどうかは疑問もありますが、それも、その点数や得点と言うのは減点方式で、点が少なくなればなるほど上位にランクされ上手になるという、他のスポーツにはチョット無いような特性があるのです。

マンガを読むときには電子書籍は買わない

私はマンガが好きでいろいろな作品を買って読んでいるのですが、基本的には本として買っています。 つまり、電子書籍としては買っていないということなのです。 これは私のこだわりですけど、マンガはコレクション目的で買っている面もあるので、電子書籍だとコレクションしている気がしないというのがあります。 電子書籍の場合には、データになってしまうので、モノとして存在しているわけではないですし、手で持つことができないという特徴があります。 そこがコレクションをしている感じがしないということで、私の場合にはデメリットはありますけど、マンガは本で買って、それを家の中に並べているといった状態になっています。 ただ、コレクションをしていると問題点も発生して、やはり場所を取るということがあるのです。 これはコレクション全般に言えることではありますが、マンガに関しても一定の場所は取ることになりますから、家の中がどんどん狭くなってきてしまいます。 コレクションをしているので、もちろん売るわけにもいきませんから、これからどうしようか?とも思うわけですが、部屋を広くすることもできませんし、引っ越すことも考えていません。 そうなると、今の状況を容認しつつ生活をしていくしかないということになるでしょう。 部屋が狭いということ自体は別にそんなに苦痛ではないのですが、このままの状態を続けていると、いずれ足の踏み場がなくなるという可能性があるので、そこはちゃんと考えておかないといけないと思っているのです。 現実的な方法としては倉庫を借りるなどの手段が考えられますけど、そういったことをすると結局お金がかかるので、だったらもっと広い部屋に引っ越した方が良いかもしれません。 できるだけお金をかけないでなんとかしたいと思っていますから、収納の仕方を工夫したりして、できるだけスペースを無駄にしないように保管をしていくということを考えていきたいと思っています。 世の中に新しいマンガがどんどん生まれてくるだけに、これからもどんどんマンガは増え続けていくと思うのですが、これは私の趣味の1つでもありますから、コレクション自体をやめるつもりはありません。 だから、この問題はきちんと考えて解決しないといけないと言えますが、家の中に置くスペースがある限りは、そういった部分を有効活用して、なんとかこのマンガのコレクションという趣味をこれからも続けていきたいと思っています。

思い出す選挙活動

今年は統一地方選挙、参議院選挙と選挙の年になりました。N国という新たな政党もでてきて、実は川口市のしおた市議会委議員ともユーチューブ上で会話をしている所です。見事三千票以上の票で当選しているのですごいと思いました。 実は川口市で8年前、震災の年にも地方選挙がありました。知り合いの人が出るというのでその年に手伝いをしたのを覚えています。現在の状況は、割と社会がおちついて選挙をしていますが、8年前の冬から開始し(選挙として準備は遅いとはおもいます)3月11日を迎えました。 突如関東でも大変な揺れを感じました。車に居た私はラジオから緊急地震速報が流れてきたので(国会中継を聞いてました)、停車し様子を見るといつもの地震だと思っていると大きな揺れに恐怖感を感じました。目の前にある家の瓦屋根がビスケットのように土に変わっていきました。始めてみた光景にこれはとんでもない事が起きたと、急いで家に帰えることになりました。 家は冷蔵庫が倒れておりましたが、幸いそれ程の被害ではありませんでした。しかし自身は原発事故を引き起こし、始めて経験する計画停電というのに直面する訳です。選挙活動で一番困ったのがガソリンです。千葉の製油所が火災にあってますので、ガソリンが手に入らない。20リッター手に入れるのに、長蛇の列。選挙活動は危機になりました。 告示板にはるポスターを貼りにいくにも車が必要です。川口という広い範囲を徒歩で貼る事はできません。車が必要です。なけなしのガソリンをなんとか使って貼りにいきました。ガソリンを手に入れられたのは、数人で消費を抑える為に徒歩の人もいました。更に問題は計画停電です。時間で信号機が停止してしまいます。警察官が出てる所もあれば、誰もいないところもあります。交差点は事故と隣り合わせで緊張が走ります。 辻立ちが一番こたえました。震災から数日後は拡声器がまず使えません。更に立っていると、当時の政権が対策にもたついている苛立ちから、全く関係がない我々に苛立ちをぶつける人も多かった。特に民主党は酷かった。卵をぶっつけられたり唾をかけられたり。事務所に戻ってくると憔悴しきっていました。 みんな選挙どころじゃないだろと、顔しかめっ面でこちらを見ている。そんななか選挙が行われていました。8年経過しようやく日本に落ち着きがでてきたのだと、ある意味平和を実感している選挙が今年です。川口の行政がよくなるといいと思います。